情報発信に必要なコンセプトを決める6つの質問とセルフチェック

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

どうも!しんのすけ⁺²です。

今回はおれがとあるネットビジネスの勉強会に出てきて、
そこで質問された6つのことについてお伝えしたいと思います。
セルフチェックにも使えるので、ぜひご活用ください。

これらの質問に今自分はしっかり答えられるかについても考えてみください。
もし、答えが曖昧だったり、一言で答えられなければあなたの情報発信はちゃんと読者さんに届いていないかもしれません。

情報発信のキモ

情報発信をする際のポイントとしては、【どんな人に見てもらいたいのか?】
つまり、【ターゲット】をしっかり定めることがある意味一番重要なことです。

ターゲット設定についてはこちらから。

ターゲット・コンセプトを明確にして読まれる記事づくりをしよう

ビジネスを行う上で、最初に始めるきっかけとなった【動機】ってありますよね?
あなたの動機は一体何だったのでしょう?

この質問は、あなたはもちろんあなたのお客さんになる人に対してもしっかり聞いておく必要があります。
なぜなら、初心とも言うべき情熱のエネルギーがここに内包されていると言っても過言ではないから。
全てはここから始まるんです。

別に大義名分である必要はありません。

  • お金が欲しいから
  • 自由な時間が欲しいから
  • 欲しいものを買いたいから
  • 家族と一緒にいる時間を過ごしたいから
  • 通勤電車に乗るのが嫌だから

なんでもいいんです。
この動機に共感する人もいるんです。

質問1.あなたは何のためにビジネスを行っていますか?

良く考えてみてください。

飾らないありのままの考えがあなたのビジネスを頑張る動力になってくれるはずです。

6つの質問とセルフチェック

ここでの質問聞かれていることはビジネスの基本路線になるので、
機会を作って定期的にセルフチェックしておくと良いと思います。
ビジネスを続けていく中で、変わっていくものでもあるので是非チェックしておいてくださいね。

  1. あなたの目標って何ですか?
  2. あなたは今何のためにビジネスをしていますか?
  3. あなたはどんな人にそのビジネスを知ってもらいたい?
  4. あなたはなぜそのビジネスを知ってほしいと思っているのか?
    どんな未来を見せたいのか?
  5. なぜそのビジネスである必要があるのか?
  6. つまり一言で言えばあなたさんは、誰にどのような未来を与えたいのか?

1.あなたの目標って何ですか?

【月収100万円を稼ぐ】でももちろんOK。

ですが、目標を達成した後の状態をイメージするのはもっと大事。

  • どんな気分で
  • どんな様子で
  • 周りの反応がどうで
  • 達成した後どうするのか?

などなど。

日々のキツい作業もこれのためなら頑張れるという強いモチベーションがあればビジネスを続けていけます。
躓いたり、挫折しそうになったり、うまく行かない時にも気持ちのコントロールができるものだと最高です。

人は意外とお金のためだと頑張れません。
諦めてしまった方がよっぽど楽ですから。

「家族を幸せにしたい」とか「家族を守りたい」などの人がかかわる目標を持っている既婚者の方が
頑張れるのは自分のためだけじゃないから。

2.あなたは今何のためにビジネスをしていますか?

【何のために】って聞かれると途端に答えにくくなる感じがするのはおれだけでしょうか(笑)

【ビジネスを通して手に入れたいものは何ですか?】の方がもしかしたら答えやすいのかもしれません。
上記でも書きましたが、まさに【状態】です。

  • 自分の力で稼ぐことで将来の不安をなくしたい
  • 合わない人と関わらないことで精神的ストレスを減らしたい
  • 毎日判を押したような生活から解放されたい
  • 自分のペースで仕事がしたい
  • 自宅で完結する仕事がいい

などなど。

この項目の全ての質問に当てはまることなのですが、全てが動機でありモチベーションになります。
逆にモチベーションを奮い立たせられない目標や動機であるのなら長続きはしません。

3.あなたはどんな人にそのビジネスを知ってもらいたい?

【あなたが理想とするお客さんはどんな人ですか?】

あなたの発信する情報やアクションに反応してくれ、あなたが提供するサービスを利用してくれるお客さん像を考えてみましょう。

  • まじめ
  • コミュニケーションがしっかりとれる
  • 勉強家
  • 投資の重要性を理解できる人
  • 素直に取り組んでくれる人

などなど。

あなたの求めるお客さん像はどんな人でしたか?
ひょっとしたら自分よりも優れた人材だったりして(笑)

理想をはっきりさせることで明確な相手像をイメージして配信できます。
また、不要な人(自分に合わない人)も自然と離脱していってくれます。

4.あなたはなぜそのビジネスを知ってほしいと思っているのか?

【ここでは自分の利益を考えずに想像してみましょう】
あなたの勧めるビジネスモデルはどんなところが優れているのでしょう?

  • アフィリエイトのビジネスモデルが自分に合っているから
  • 老若男女問わずに取り組めるから
  • 積み上げが利くビジネスモデルだから
  • パソコン1台で取り組めるから
  • 時間や環境の影響を受けにくいから

などなど。

あなたがいいと思っている所をしっかり相手に伝えるためにもここは押さえておきたいですね。

5.どんな未来を見せたいのか?

【相手が知りたいのは「自分がそれをやることによってどうなれるのか?」です。】

  • 脱サラできるようになる
  • 小遣いが増やせる
  • 老後の資金形成
  • 子供の教育費の足しにできる
  • 余暇に使えるお金を増やすことができる

などなど。

明確なゴールを提示することで、相手方のモチベーションと期待値を上げていくことができます。
いきなり、月収100万円というのは無理かもしれないけれど、1万なら可能かもしれない。
でも、100円稼げていない人は1万円は無理。100万円を稼ぐなんてことも絶対ありません。

6.なぜそのビジネスである必要があるのか?

【稼げるならなんでもいいというワケではありませんよね】
そのビジネスでなければならない理由というのがありますし、そうでなければいけません。

  • 自分に合っているから
  • 趣味をマネタイズできるから
  • 時間を有効に使えるから
  • 1通の記事でレバレッジをかけられるから
  • 複数構築できるから
  • 兼業しやすいから

などなど。

あなたの思う理由でいいんです。
過去におれがネットワークビジネスをやっていた時にも言われたことがありますが、
扱っているものは同じなのに成果に違いが出るとしたら、それは確信の差だと。

強みを自分の中で昇華させるんです。
「自分はこれが一番だと思っている。だから勧める」という図式です。

7.つまり一言で言えばあなたは、誰にどのような未来を与えたいのか?

【キャッチコピーのように一言で集約できますか?】
つまり、あなたは何をどのようにしてビジネスを展開しますか?
そして、顧客に対して何ができますか?

  • 30代サラリーマンにメルマガで脱サラするための情報を提供する
  • 主婦がブログで収益の柱を複数作るための方法を教える
  • 20代が文章力を高めてアクセスをアップさせる
  • 初心者に対してWordPressを理解させる

などなど。

ターゲットとコンセプトがしっかり決まっていると情報の筋道がはっきりします。

まとめ

今回の記事のキモは【セルフチェックでもあり、顧客に対する質問にも使える】という質問であることです。

自分ではしっかり考えているつもりでも、いざ質問されるとはっきり答えられないものです。
そして、はっきり答えられないという事は曖昧であるという事。

あなたの情報発信に対する反応がいまいちである場合は、この記事で書いたことが実はまだ曖昧な場合が多いです。
【誰に】【何を】【どうするのか】は全ての情報発信の基本です。

是非一言で書ける・伝えられるようにセルフチェックにご活用ください。

月収20万円をブログ・メルマガで稼ぎ出すための技術を身に付けませんか?

 

メルマガ【ビジネスライズ通信】では以下のことが無料で学べます。 

  1. 自分の力でお金を生み出す技術を身に付けられる
  2. メルマガ・ブログでお金を稼ぐ方法が身に付く
  3. 稼ぐための重要なマインドを身に付けることができる
  4. 【報われる】仕事を身に着けられる
  5. 1日20分程度からネットスキルを高めることができる
  6. 学歴・性別・年齢関係なく稼げるようになれる

 

今登録すると、
【メルマガ・ブログアフィリエイトをすぐに始められるネットビジネスパーフェクトマニュアル】をプレゼント!!

 

今すぐ登録するなら以下のボタンをクリック!!


今すぐメルマガに登録する

content

この記事を書いている人

しんのすけ⁺²

理学療法士とネットビジネスの二足の草鞋を履いています。ダブルワークで時間のない中でも時間を作り出しながら活動中

報われない仕事を続けてると感じているあなたにやっただけ自分の報酬になるビジネスを伝達している。

趣味はドライブと旅行。
自分の能力を高めること。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください