楽天のクリック数を跳ね上げる方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

どうも!しんのすけ⁺²です。
今回はアフィリエイトでは必ずお世話になるであろう「A8.net 」さん利用したものでアフィリエイト報酬を上げていこうという試みについてお伝えしようと思います。

クリック報酬式の報酬体系なので、売れなくても報酬につながるという部分が嬉しいですよね。
あなたのブログ記事に導入することで、更なる売り上げアップにつなげてくださいね。

楽天旅ノートを使う

楽天旅ノートとは、楽天トラベルの特集コーナーです。
こちらに載っている所であれば、上の検索窓から任意の場所を選択して
アフィリエイトリンクにすることが可能です。

前は楽天トラベルから飛べたのですが、
今はGoogleで【楽天旅ノート】と検索しないと出てきません。

ちなみに、1万回のクリックで5~10万円ほどの報酬になります。
(クリック単価の違いなどもあるので実際に確認してみてください)

かなり美味しい案件ですね。

実際の使い方

方法としては【A8.net】で行います。

まずはA8.netを開きます。

「ツール」から「楽天ツール」を選択してください。

「任意ページへのリンク」をクリックします。

「楽天リンク先URL」と「表示させたいテキスト」を入力して
「リンク作成」をクリックします。

ここでは試しに美ら海水族館でリンクを作成したいと思います。
任意テキストは「最南端の水族館」とでもしておきましょう。

楽天旅ノートを開いて検索窓から「美ら海水族館」と打ち込みます。
すると下記のようなページに飛びます。

上の赤枠で囲った部分をクリックしてページを表示させます。

表示されたURL(赤枠で囲った部分)をコピーします。

そして、 「楽天リンク先URL」に貼り付けます。
「表示させたいテキスト」は任意の文字になっているかを、リンクコードに表示されている赤線と同じであるかで確認してください。
後はコピーしたリンクコードをブログに貼り付けます。
これで完了です。

注意点

楽天旅ノートに表示されない場所へはこの方法を使ってアフィリエイトリンクを作成することはできません

その他、【このリンクをクリックすると楽天に飛ぶよ】と明記しておかないと
規約違反になる恐れがあるので気を付けてくださいね。

他にもキャッシュポイントを増やす

旅行などでは先ほどのやり方が有効ですが、
普通の記事では中々道案内だけではアクセスと、クリックが行われないこともあるでしょう。

そこで、これらの記事を書く際に他の部分でも稼げるようなキャッシュポイント(アフィリエイトリンク)を貼っておく必要もあります。

アドセンスはもちろんのこと、
その記事に絡めた広告を載せてみましょう。

仕掛け方で可能性は広がります

この楽天旅ノートを使った報酬の上げ方ですが、
中には【初詣】を対象にした猛者もいましたし、【大学のセンター試験】を対象にしようとしたけどできなかったという方も(笑)

道案内という限定的なものにはなってしまいますが、色んな切り口で発信できそうですね。ここは腕の見せ所です。

まとめ

いかがでしたでしょうか?
クリックされるだけで報酬になるしくみを利用した今回の楽天旅ノートを利用した方法。

これならば、例えば旅行を成約するとまではいかなくでもクリックだけで報酬が発生するので、ハードル下がります。

あなたも是非楽天旅ノートを利用してクリック報酬を稼いでくださいね。

月収20万円をブログ・メルマガで稼ぎ出すための技術を身に付けませんか?

 

メルマガ【ビジネスライズ通信】では以下のことが無料で学べます。 

  1. 自分の力でお金を生み出す技術を身に付けられる
  2. メルマガ・ブログでお金を稼ぐ方法が身に付く
  3. 稼ぐための重要なマインドを身に付けることができる
  4. 【報われる】仕事を身に着けられる
  5. 1日20分程度からネットスキルを高めることができる
  6. 学歴・性別・年齢関係なく稼げるようになれる

 

今登録すると、
【メルマガ・ブログアフィリエイトをすぐに始められるネットビジネスパーフェクトマニュアル】をプレゼント!!

 

今すぐ登録するなら以下のボタンをクリック!!


今すぐメルマガに登録する

content

この記事を書いている人

しんのすけ⁺²

理学療法士とネットビジネスの二足の草鞋を履いています。ダブルワークで時間のない中でも時間を作り出しながら活動中

報われない仕事を続けてると感じているあなたにやっただけ自分の報酬になるビジネスを伝達している。

趣味はドライブと旅行。
自分の能力を高めること。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください