その他

あなたのファンが急増しあなたから買う理由となる自分を出す情報発信法

どうも!しんのすけ⁺²です。

情報発信をする際に重要になるのがファンを作ることです。
ファンと言ってもアイドルのような感じではなく、自分の発信する情報に反応してくれる人
というくくりです。

ファンづくり=集客と密接に関わっているので、あなたがどのように情報発信をしていけば
読者さんと信頼関係を作り、ビジネスが発展していくのかをお伝えしていこうと思います。

情報発信とは?

ここでいう情報発信とは主に個人メディアで情報をお伝えしてお金を稼ぐ方法です。
主にアフィリエイトを行っていくいわゆる【稼ぐ系情報発信】として捉えてください。

基本的にはメルマガやブログ、SNS等でのフォロワーを作って読者さんと交流していくという部分。
ここは先ほどもファンづくり=集客と同じような内容になってくるので、
非常に重要なポイントです。

あなたのファンを作りつながっていきましょう

あなたは芸能人や歌手とかで好きな人いませんか?

その人をなぜ好きになったか覚えていますか?
実はその【好きになるキッカケ】があなたのビジネスにとってもとっても重要なポイントになります。 続きを読む

お金の知識を身に付ける講座ファイナンシャルアカデミー

どうも!しんのすけ⁺²です。

あなたは【お金に対する知識】って自己評価でどれくらいの自信をお持ちですか?
一生付き合っていかなければならない【お金】
でも、使う事は簡単でも増やしたり、守ったりする知識って学校では教えてくれません。

そんな「学校」がオンラインやセミナーで受講できたらどう思いますか?
今からでも遅くない、お金に対しての知識を身に付けるための情報をお伝えします。

ファイナンシャルアカデミー

ファイナンシャルアカデミーとは、
「お金の教養」を身につけるための総合マネースクールです。
貯蓄や家計管理といった生活に身近なお金から、
資産運用、キャリア、人生と社会を豊かにする
お金の使い方までを学ぶことができます。

セミナー形式からWEB受講までと幅広く自分に合った手法で受講することが可能です。

アフィリエイターとして活躍すると同時に、お金の教養を身に付けることは必須科目です。
もし、この講座を無料で受講できるとしたらどう思いますか? 続きを読む

無料レポートが書けなくて悩んでいる初心者に向けた無料レポートの書き方講座

どうも!しんのすけ+2です。

今回は初心者の最初の壁である無料レポートの書き方とネタ出しについてご紹介していきます。
この無料レポート作成、おれが実際に経験した過去の話をすると、教材を購入して「無料レポートを作成しましょう」というカリキュラムがあったのですが、当時のおれはこのレポートで書いているような理由(後に紹介します)で結局レポートを作らなかった(れなかった)んです。

そうして、教材をちょいと噛みしながら進めていった結果、おれは全く稼げませんでした。
できる所からやっていっても稼ぐための地力(この場合は無料レポートを作ることで鍛えられるコンテンツ作成能力)がつくわけでもないので、意味がなかったんですよね。

この記事を読んでいるあなたもひょっとしたらおれと同じ理由で無料レポートを書くことを避けているかもしれませんね。無料レポートを作成せずにネットビジネスで稼ぐのはほぼ不可能に近いので書けないのなら、この記事を見て今からでも書くことをオススメします。

記事内で無料レポートを作成するためのネタも公開しているので、参考にしてくださいね。 続きを読む

Amazonでお得にお買い物をする方法。7%もお得になるかも?

どうも!しんのすけ⁺²です。

今回はAmazonでお得に買い物ができる方法について記事にしました。
ネットで購入するとしたら真っ先に候補として上がるのがネット通販の王様【Amazon】ですよね。
そのAmazonは通常の店舗で買い物をするよりも安いのはご存知の通りですが、
ある裏ワザを使うとその表示価格よりもさらに5%~7%程度お安く購入できるという方法があるんです。

最近は取り扱う商品も増えてきて、色々なギフトカードも購入できるようになってきました。
その方法とはあるサイトを使うことなんです。

違法でもなんでもなく、誰でもできる方法なので是非確認してくださいね。 続きを読む

あなたの作業効率を格段にアップさせるための方法

どうも!しんのすけ⁺²です。

あなたは作業を効率的に進められているでしょうか?
特に初心者の方はどのように時間を使って何をしたらいいかが分からないということありませんでしたか?

「中々うまく時間が作れないなー」
「ついパソコンの前で固まってしまう」
「あれ?今日何をするんだったっけ?」

なんてことが思い当たるのであれば、
今回の記事に書いてあることを実践するだけでもあなたの作業効率を格段にアップさせられると思いますので、
お付き合いくださいね。 続きを読む

アドレスバーが狂ったように連打される状況を改善するための方法

どうも!しんのすけ⁺²です。

パソコン作業していて最近気になった不具合が発生していたので調べてみたら解決策が表示されていたので書いてみました。ちなみに使っているパソコンはWindows10で、ブラウザはGoogle chromeです。

今更な気もするかもしれませんが、知っておいて損はないと思います。

不具合はそれこそたくさんあるのですが、今回は【アドレスバーが青くなって連打状態になる】という不具合の解消法について説明していきますね。 続きを読む

暗号通貨国内取引するなら最大手ビットフライヤーがオススメ!開設方法と使い方について

どうも!しんのすけ⁺²です。

取り引き所騒動からしばらく経っていますが、まだ騒動は収まっていません。
暗号通貨はまだまだ創世記のため、これからも色々な問題が起こってくると思います。

しかし、暗号通貨自体はこれから絶対的に通貨の根本を変えるものだと個人的には思っています。

取引所も監査が入ったりと法整備がどんどんと厳格化していくにつれてもっとしかりしていくのではないでしょうか。

投資の世界では「同じかごに卵を入れておくな」という格言があります。
要は分散投資のことを言っているのですが、資産のすべてを一つに集中させてしまうと何かあった時にその資産の全てがダメになってしまうリスクを最小限に留めておく「リスク管理」がなにより大事です。

投資においてはお金を投じて資産を増やすことよりもむしろ、資産を保全し、安全に管理し続けることにこそ重点を置くべきなのです。

お金は投資するのは簡単でもそれを現金化(引き出し)する部分が困難になる可能性が高いです。
そのことを知った上で、暗号通貨投資に参加してくださいね。

そんな中で今回ご紹介するのは国内大手暗号通貨取引所の【ビットフライヤー】です。

ビットフライヤー登録

アクセスはこちらから↓↓
ビットフライヤー

ここではオーソドックスにメールアドレスでのアカウント作成で説明していきます。

お持ちのメールアドレスを入力し「アカウントを作成する」をクリックします。

そうすると、そのメールアドレス宛に以下のようにアカウント登録確認メールが来ます。 続きを読む

ネットビジネスで望まない顧客を寄せ付けないために心がけておくこと

どうも!しんのすけ⁺²です。

今回の記事のテーマは「望まない人を寄せ付けない方法」についてです。
最近ある話を耳にしました。

それは「Twitterなどで絡まれる」という類のもの。

いわゆる「荒らし」ですね。
そういった人種とは関わり合いにならないのが一番なのですが、どうしても一定数混じってしまう
エラーのようなものですね。

幅広く情報発信すればするほどそういった「輩(やから)」が集まってきてしまう可能性が上がってしまうので
そうならないような情報発信の仕方について書いていこうと思います。

ちなみにここでいう「輩(やから)」とは、誹謗中傷したり、人の迷惑になるようなことをする人の事。

あなたが来て欲しい(集客したい人材)はもっと意識が高く、意欲的で努力を欠かさない優良な見込み客なはずです。

望まない人材には疎遠になってもらって、来て欲しい人に寄ってきてもらえるような仕掛け方について書いていきますね。 続きを読む

暗号通貨を保有するために必須なコインチェックウォレット(デジタル財布)の開設方法について

どうも!しんのすけ⁺²です。

今回の記事は暗号通貨を利用するために必要な「ウォレット」(デジタル財布)の作成方法についてです。

ビットコインをはじめとする暗号通貨。名前は聞いたことがあるけれど、実際に自分事として扱うにはどうしたらいいか分からないという声が多いのです。

そして、暗号通貨は危険なのか?
暗号通貨の信用性ってどうなのか?
そもそも暗号通貨ってなんぞや?

といった疑問についても解説していきますのでどうぞお付き合いくださいね。 続きを読む

仮想(暗号)通貨を簡単に理解できる!仮想通貨初心者にオススメな情報媒体をご紹介

どうも!しんのすけ⁺²です。

あなたは仮想(暗号)通貨という言葉を聞いたことがありますか?

仮想と名前が付いている事から色々誤解があると思いますが、インターネットが発明されたのと同様、もしくはそれ以上のビジネスチャンスがこの仮想(暗号)通貨のマーケットにはあります。

日本では法整備がまだ不十分でしっかり行われていません。
これを「危ない」と捉えるか、
逆に「チャンス」と捉えるかで数年後のあなたの資産は全然値が違うものになっていることでしょう。 続きを読む

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。